« トロン:レガシー (映画) | トップページ | ヘネシーV.S.(酒・コニャック) »

ニンテンドー3DS(本体)

うん、GBAのメトロイド目当て&ファイアーエムブレム来ると信じて買ってきた。

新発売が2月で値下げが8月。アジア圏PCより値下げが早い前代未聞の話。円高・震災・キラーコンテンツ不足で4半期決算ズタボロで赤字。まー、普通に考えて配管工に頼らないから死んでいるというのはあるんだけど、サード殺しの配慮をしすぎた件と、PS3よろしくユーザー層を無視した新ハード普及計画で死亡。ソニーPS3の二の舞かと。

任天堂は積み上げたキャッシュが潤沢に有り、自社ソフトで100万本超えるものを複数持つので、適当に台数出しておけばキラーコンテンツの投入でいつでも爆発的に普及させられる。という内部の驕りが崩壊を生んだんだろう。。。PS3は値下げとトルネ普及まで実に長くの時間を要したけど、半年で4割値下げしちゃうアクションの速さは素直に評価するべき。他メーカの経営陣なら絶対にできない。

アンバサダー・プログラムって名称からも「ディズニー的に任天堂ファンに売っていく」ビジネスにしたいんだろうけど「値段が高かろうが任天堂なら金を出す」方向にまだファン層は育っていない。所詮はおもちゃ屋という認識。3DSのスペックはガジェットとしても半端だし、高い価格で買わせるには早かった。一方で最大の敵であるappleのアンバサダー・プログラムなら高い金出す人は現状でも多いだろう。

という環境なので、任天堂も本腰入れて攻勢かけてくるんじゃないかな。

で、年末から来年以降、面白いコンテンツはそれなりに出るんだろうけど致命的なのはネットワーク。ネット部分を強力に育てないと携帯ゲームに取られたカジュアル層は戻ってこない。スマホなんかのカジュアルネトゲに勝てる強みとして「端末フレンドリスト」があるのだから、低価格VCで面白いゲームを乱発してユーザー層のフレンドクラスタを大きく構築すべきだと思うけどね。

いまだに「持ち寄って対面して対戦させる」って方向で考えている節がある(PSPもそうだが)。ソニーよりよっぽどでかいネットワークを構築できる資金力があるのだから、3DS、Wii、DS全て自社端末でクロスプラットフォーム対戦可能なソフトを出したらいいんじゃないかと。マリオカートとポケモンだけで1000万本くらい余裕で売れるんじゃないだろうか。

色々文句言うけど、ファイアーエムブレム新作出してくれればそれで満足です。

ニンテンドー3DS アクアブルー


|

« トロン:レガシー (映画) | トップページ | ヘネシーV.S.(酒・コニャック) »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1143852/41039921

この記事へのトラックバック一覧です: ニンテンドー3DS(本体):

« トロン:レガシー (映画) | トップページ | ヘネシーV.S.(酒・コニャック) »