« 桂大全(書籍) | トップページ | ジョニーウォーカー(酒・ブレンデッドスコッチ) »

DEAD OR ALIVE Dimensions (3DS)

本体と一緒に買ったDOA。3Dゲーム初だけどこの作品はけっこ良いんじゃない?ムービーも通して背景→キャラクター→文字という感じで3Dで重なっていて、深度もよく出ている。CG描画は3D時は30fps、2D時は60fpsで動いているらしく、3Dを切ればヌルヌルと動いて画面もとても美しい。

以下各モードごとの感想。

▽クロニクルモード
前作までのダイジェスト&操作説明を兼ねたストーリーモード。DOAでストーリーモードって初なんじゃないかな? 新鮮。でも残念ながらイベントシーンが「マネキンの紙芝居」になっており「オー!マイキー」を見ている感覚。割とシリアスな話なはずなんだが、なんかシュールで笑えるw

▽アーケードモード
普通にアーケードモード。特徴としては「ルート1・EASY」のようにルートに難易度が割振られており、クリアすると高難易度がアンロックされる「レースゲーム方式」。わかりやすくて良いと思う。全体的な難易度は携帯機ということもあり低めでサクサクと進める。周回すると特典要素としてコスチューム等がアンロックされていく。

▽サバイバルモード
アーケードと同じく、10人抜き~100人抜きまでのコースがあり、クリアごとにアンロックされる。特筆すべき点は、3DSはカートリッジなので読み込みが全く無く、完全な連戦となる点、これは素晴らしい。まぁ通して単調になるのはCPUだから仕方ないけど。


▽タッグチャレンジモード
NPCとタッグを組み戦うモード。特に面白くも無いのだけど、むしろ通常対戦にタッグモードなんでないんだろうか…。

▽Wi-Fiオンライン対戦
いわゆるランクマッチのみ。国内・海外サーバ選択が可能。マッチング完了までの待機時間が長い。対戦中は回線環境によってはラグが酷いが、なんとか許容できる程度。問題としては再戦ができずに毎度マッチングするので続けて遊びたい場合は結構ストレスになる。3D酔いするので、私は待ち時間ある位でちょうどいいのだけどね…。

▽オススメ度
★★★☆☆ 70/100

携帯格闘ゲームとしてライト寄りではあるが良くまとまっている。作り込みは今一歩ではあるものの、紙芝居は笑えるので許容できるし、キャラバランスが悪いのはDOAシリーズ元々、ネット対戦が微妙なのは残念だけどローンチに近い早期タイトルとしては良品。3DSの操作性能・描画性能・ネット機能など、一通り味わえるので本体と一緒に買うのもオススメ。(ストーリーが紙芝居-5、キャラバランスが悪い-15。ネット対戦にストレスがある-10)

ちなみに、3D乳に関しては大満足。コーエーテクモ、良くぞDOAを出してくれました。ビーチバレー待ってます。

【送料無料】コーエーテクモゲームス DEAD OR ALIVE Dimensions 3DS【smtb-u】

|

« 桂大全(書籍) | トップページ | ジョニーウォーカー(酒・ブレンデッドスコッチ) »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1143852/41048343

この記事へのトラックバック一覧です: DEAD OR ALIVE Dimensions (3DS):

« 桂大全(書籍) | トップページ | ジョニーウォーカー(酒・ブレンデッドスコッチ) »