« SUPER STREET FIGHTER IV 3D EDITION (3DS) | トップページ | デビルサマナー葛葉ライドウ対コドクノマレビト(書籍) »

ハート・ロッカー (映画)

いまさら観たシリーズ2段。結構話題になってた本作品だけど、うん、娯楽性ゼロ。

全体的にドキュメンタリータッチというか、行軍撮影みたいな雰囲気になっていてカメラワークが悪くて揺れる。劇場で見たら気分悪くなりそうな上、ストーリーも「自爆テロの爆弾を解体する日常」というまた気分の悪い内容。製作サイドはワザと視聴者の気分悪くさせたいんだろうけど・・・。ハリウッド映画ならもう一歩踏み込んで、映画としても昇華してほしかった。

とはいえテーマは悪くない。誰が自爆テロ犯かわからないイラク一般大衆を避難誘導しながら、爆弾を解体していく日常。爆弾には遠隔装置が付いているので、怪しい動きをする人を常にチェック。いざ爆発すれば自分もイラクの一般人も大量に死ぬ。不毛な任務を期間終了まで延々と毎日こなす。こんなんじゃ米軍はやる気でなくて当然、精神が病んで当然、という描写をドライに映像化している。なぜか後半、主人公が奮い立ってドラマ展開になってしまうので映画としての一貫性が無いんだけど、戦場の兵士のメンタルが一定ではないというのは良く出てる気がする。

そんな戦場で過ごし、自らの大切なものが何かわからなくなり、最後は自分が何かもわからなくなっていく。最後に残るのは目の前に存在する戦場。戦争依存症と言うのか「任務」しかできなくなる心。戦争というよりは宗教的なテーマのある映画な気がする。

余談だが、この映画の戦闘描画は存外しっかり作っている。少数のルームクリアリングについてはFPS等で実用できる出来栄えなので、その畑の人は観るとよろしいかと。

■10%OFF■洋画 Blu-ray【ハートロッカー】10/9/2発売

|

« SUPER STREET FIGHTER IV 3D EDITION (3DS) | トップページ | デビルサマナー葛葉ライドウ対コドクノマレビト(書籍) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1143852/41104183

この記事へのトラックバック一覧です: ハート・ロッカー (映画):

« SUPER STREET FIGHTER IV 3D EDITION (3DS) | トップページ | デビルサマナー葛葉ライドウ対コドクノマレビト(書籍) »