ゲーム

SUPER STREET FIGHTER IV 3D EDITION (3DS)

3DSローンチタイトルのスパ4をやってみた。

中古価格も安くなっていてお買い得だったのだけど、さすがカプコンの看板。クオリティが高い。据置きスパ4とそれほど遜色が無く移植されているのでキャラも多くて、グラフィックも綺麗。3Dクォータービューらしいのもついて斬新。3D描画しっかりしているのだけど、格闘ゲームはコマンドで画面がぶれるので・・・、まぁ向かないねw

ネットワーク機能も一通り抑えていて、特に文句は無いし、ラグがとても少ない。特筆すべきはDOAなどで不満だった「マッチング時間が長い」という欠点が無くて、非常にスムーズ。さすがカプコン。ただ、ランクマッチを戦うとベテランが多いのでボコボコにされるのがくやしいw

すれ違い機能が弱くて、スパ4をわざわざ3DSでプレイする意味あるのだろうか?と思ってしまうところが、難点と言うか小さな不満。既にアーケードエディションが出てしまっているので「旧作」という扱いにもなるんだけど、まだまだ遊べそうだ。

▽オススメ度
★★★★☆ 80/100
3D描画と相性が悪い-10。すれ違いなど独自要素が弱い-10

3DS-C スーパーストリートファイター43DEDITION【SUPERSTREETFIGHTERIV】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

戦国無双 Chronicle (3DS)

無双系ってPS2の頃に少しプレイした程度であんまり好みではなかったんだけど、3DSは他に時代劇ゲームがないので買ってみた。本作から進軍中にプレイキャラを切り替えながらマルチで進行できるようになったらしく、非常に3DSの2画面と相性が良い。バトルの爽快感はそれほど無いのだけど、戦場のいろいろな所で戦局が進行しているリアルタイムな雰囲気はGOOD。ボイスも携帯機の割りには頑張っている。DOAも悪くなかったけど、3DSのコーエーテクモは凄い良いね。見直した。

とはいえ、無双はやりこむ性格じゃないと単調で飽きそうではある、良作だけど!

▽オススメ度
★★★☆☆ 60/100

ストーリー以外のモードが無い-10、対戦・協力などのネット機能が無い-20、描画が混むと処理落ちする-10。

 3DS 戦国無双 Chronicle

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DEAD OR ALIVE Dimensions (3DS)

本体と一緒に買ったDOA。3Dゲーム初だけどこの作品はけっこ良いんじゃない?ムービーも通して背景→キャラクター→文字という感じで3Dで重なっていて、深度もよく出ている。CG描画は3D時は30fps、2D時は60fpsで動いているらしく、3Dを切ればヌルヌルと動いて画面もとても美しい。

以下各モードごとの感想。

▽クロニクルモード
前作までのダイジェスト&操作説明を兼ねたストーリーモード。DOAでストーリーモードって初なんじゃないかな? 新鮮。でも残念ながらイベントシーンが「マネキンの紙芝居」になっており「オー!マイキー」を見ている感覚。割とシリアスな話なはずなんだが、なんかシュールで笑えるw

▽アーケードモード
普通にアーケードモード。特徴としては「ルート1・EASY」のようにルートに難易度が割振られており、クリアすると高難易度がアンロックされる「レースゲーム方式」。わかりやすくて良いと思う。全体的な難易度は携帯機ということもあり低めでサクサクと進める。周回すると特典要素としてコスチューム等がアンロックされていく。

▽サバイバルモード
アーケードと同じく、10人抜き~100人抜きまでのコースがあり、クリアごとにアンロックされる。特筆すべき点は、3DSはカートリッジなので読み込みが全く無く、完全な連戦となる点、これは素晴らしい。まぁ通して単調になるのはCPUだから仕方ないけど。


▽タッグチャレンジモード
NPCとタッグを組み戦うモード。特に面白くも無いのだけど、むしろ通常対戦にタッグモードなんでないんだろうか…。

▽Wi-Fiオンライン対戦
いわゆるランクマッチのみ。国内・海外サーバ選択が可能。マッチング完了までの待機時間が長い。対戦中は回線環境によってはラグが酷いが、なんとか許容できる程度。問題としては再戦ができずに毎度マッチングするので続けて遊びたい場合は結構ストレスになる。3D酔いするので、私は待ち時間ある位でちょうどいいのだけどね…。

▽オススメ度
★★★☆☆ 70/100

携帯格闘ゲームとしてライト寄りではあるが良くまとまっている。作り込みは今一歩ではあるものの、紙芝居は笑えるので許容できるし、キャラバランスが悪いのはDOAシリーズ元々、ネット対戦が微妙なのは残念だけどローンチに近い早期タイトルとしては良品。3DSの操作性能・描画性能・ネット機能など、一通り味わえるので本体と一緒に買うのもオススメ。(ストーリーが紙芝居-5、キャラバランスが悪い-15。ネット対戦にストレスがある-10)

ちなみに、3D乳に関しては大満足。コーエーテクモ、良くぞDOAを出してくれました。ビーチバレー待ってます。

【送料無料】コーエーテクモゲームス DEAD OR ALIVE Dimensions 3DS【smtb-u】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニンテンドー3DS使用感

えー、3日ほど使ってみたのでざっくりと感想を。

▽本体
サイズはDSliteに近い。「子供でも重くないコンセプト」を継承してるみたい。色あいが金属風メタリックなので少し大きい印象を受ける。3D液晶は有効視野角が非常に狭い。明度も1世代古い感じ。まぁ、DSの頃からハードウェアとしてはおもちゃスペックだったので、路線は変えていないというところかしら。

▽グラフィック
さすがにPSPより綺麗だが解像度はたいして高くない。ホーム画面の雰囲気や現状出てるタイトルだと、Wiiポータブルといった印象。DSと違い、上メイン画面・下サブ画面、という役割が明確なので、タイトルを変えても操作に戸惑わなくてすむ。肝心の3D画面はソフトによって深度の味付けが違い、頻繁に調節キーを触ることになる。ちと微妙。

▽サウンド
本体スピーカーの擬似サラウンドは、DS系にしては頑張っている方だが、オーディオ機器としてはダメ性能。ダイナミックレンジもない上に、ヘッドホン端子の音質も悪い。ウォークマンの代替えにはならない。こういう所がおもちゃなんだよなぁ・・・。

▽タイトル
DOA、戦国無双、ゼルダの3本をプレイしてみた。さすがに発売半年たっているので「やりたいゲームが1本も無い」という事態にはならないのだけど、数本遊んだら次は無いという現状。さっさと低価格のVC乱発すればいいのにね。それと意外なことに3DSではコーエーテクモの作品クオリティが高い。今回かなり見直した。

▽ネットワーク
本体のすれ違い通信は結構楽しいけど、ゲーム内のネット機能は効果的に活かせていない印象。対戦ゲームですら「一応できる」という域を出ていない。前出のVCなどのコンテンツも数が少ない。任天堂主導でもっと力入れてほしいところだ。もっと言えば、テレビ局と組んで変なテレビ番組とか要らないから、過去のゲームCMとかをダウンロードさせてほしい。

▽オススメ度

★★☆☆☆ 40/100

3D視野角が狭い-10、音質が酷い-20、タイトル不足-15、ストア機能不足-15。
まぁ、年末に向けてこれからに期待という感じです。

ニンテンドー3DS フレアレッド

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニンテンドー3DS(本体)

うん、GBAのメトロイド目当て&ファイアーエムブレム来ると信じて買ってきた。

新発売が2月で値下げが8月。アジア圏PCより値下げが早い前代未聞の話。円高・震災・キラーコンテンツ不足で4半期決算ズタボロで赤字。まー、普通に考えて配管工に頼らないから死んでいるというのはあるんだけど、サード殺しの配慮をしすぎた件と、PS3よろしくユーザー層を無視した新ハード普及計画で死亡。ソニーPS3の二の舞かと。

任天堂は積み上げたキャッシュが潤沢に有り、自社ソフトで100万本超えるものを複数持つので、適当に台数出しておけばキラーコンテンツの投入でいつでも爆発的に普及させられる。という内部の驕りが崩壊を生んだんだろう。。。PS3は値下げとトルネ普及まで実に長くの時間を要したけど、半年で4割値下げしちゃうアクションの速さは素直に評価するべき。他メーカの経営陣なら絶対にできない。

アンバサダー・プログラムって名称からも「ディズニー的に任天堂ファンに売っていく」ビジネスにしたいんだろうけど「値段が高かろうが任天堂なら金を出す」方向にまだファン層は育っていない。所詮はおもちゃ屋という認識。3DSのスペックはガジェットとしても半端だし、高い価格で買わせるには早かった。一方で最大の敵であるappleのアンバサダー・プログラムなら高い金出す人は現状でも多いだろう。

という環境なので、任天堂も本腰入れて攻勢かけてくるんじゃないかな。

で、年末から来年以降、面白いコンテンツはそれなりに出るんだろうけど致命的なのはネットワーク。ネット部分を強力に育てないと携帯ゲームに取られたカジュアル層は戻ってこない。スマホなんかのカジュアルネトゲに勝てる強みとして「端末フレンドリスト」があるのだから、低価格VCで面白いゲームを乱発してユーザー層のフレンドクラスタを大きく構築すべきだと思うけどね。

いまだに「持ち寄って対面して対戦させる」って方向で考えている節がある(PSPもそうだが)。ソニーよりよっぽどでかいネットワークを構築できる資金力があるのだから、3DS、Wii、DS全て自社端末でクロスプラットフォーム対戦可能なソフトを出したらいいんじゃないかと。マリオカートとポケモンだけで1000万本くらい余裕で売れるんじゃないだろうか。

色々文句言うけど、ファイアーエムブレム新作出してくれればそれで満足です。

ニンテンドー3DS アクアブルー


| | コメント (0) | トラックバック (0)

イースI&IIクロニクルズ(PSP)

プレイするだけというのも味気ないので、消化の記録を書いていこうと思う。

ファルコムのゲームは積み上がりすぎてどこから手をつければといった感じだけど、まずは原点回帰という趣で、『PSP版イースI&IIクロニクルズ』から始めてみよう。

イースI&IIクロニクルズは、1987年にPCで発売されたイース、1988年に発売されたイースIIを素材として、リメイクしたイースI・II エターナルに、更に要素を追加して再リメイクされたイースI&II完全版のPSP移植作品。

何回リメイクすれば気が済むんだよw という話ではあるんだけど、さすがにリメイク商法の老舗だけあって、ゲームバランス・全体のクオリティは高く、20年以上前のゲームながら、PSPで遊ぶに丁度良くできている。(家庭用移植をファルコムが手がけたのはこの作品が初。委託移植作品にファンは泣かされてきた経緯がある)

▽ストーリー (ネタバレ注意)

イースI・IIで前後編といった内容で、簡素ながらも王道ファンタジー。リメイクで増えた設定もあるのかな。

冒険心旺盛な赤毛の少年が、呪われた島エステリアを目指したが漂流。行き倒れながらもたどり着くが、島に起きている異変を知り、救うために一人立ち上がる。冒険の末に島の異変については収束させるが、島に残された古の遺物から、失われた天空の国イースの存在を知ることに。(ここでイースIエンディング)

遺物の導きにより天空のイースへ転送されるが、落下の衝撃で気絶。(行き倒れはシリーズ定番となる)村娘に介抱してもらったり、すみやかに村に馴染んだ後、 遺物もってるなら聖域観光してみなよ、YOU! と促されて古代王国イースの謎に迫っていく。というお話。村娘・女神などの萌え要素もすでに搭載済み。

ご都合の展開は濃いのだけど、ナムコのテイルズなんかは世界観の土台としてイースをかなり手本にしてるのね、ってのが実によくわかる。影響を受けているゲームは多く「教科書的なRPG」というストーリー。

▽システム

「今、RPGは優しさの時代へ」をキャッチコピーに作られていて、ARPGというわりには簡素。バトルは敵に走って体当たりするだけ、レベルキャップも10レベルと低く中盤には到達する。後半のボス戦などは、シューティングゲームのように、自機の位置取りが大切になる感じで、単純ながらも、結構ゲーム性があって面白い。(クロニクルズでは4段階の難易度が選べる)

ライトゲーマー層にアピールしRPGの門戸を広げるべく作られたシステム。
当時、この先見性は凄い。

▽音楽

オリジナルPC-8801、リメイクPC版、クロニクルの3タイプのBGMをゲーム中いつでも切替可能。ファンにはたまらないけど、新規プレイヤーには多分まったく響かない機能。PSPに必要かコレw jdkチームのサウンドは実にゲームミュージックらしさを出していて素晴らしい。ボーカル曲は弱いけどね。。。

▽オススメ度

★★★★☆ 85/100

元が古いゲームなので、派手な演出やボイスを求めたり、攻略サイト見ながらクリアしたい世代には物足りないだろうから-10ポイント。PSP版は2009年発売ということを考えるとタイムアタックモードにオンラインランキングがあってしかるべきなので-5ポイント。ほんとネット連動弱いですよ、ファルコムさん。

 【新品】PSPソフト イースI&IIクロニクルズ[廉価版]【10P02Aug11】【画】


| | コメント (0) | トラックバック (0)