書籍・雑誌

デビルサマナー葛葉ライドウ対コドクノマレビト(書籍)

今回は、久々に漫画を読みたくなった一冊。

葛葉ライドウは、PS2で出ているゲームが元で、大正20年(架空)が舞台になっている時代活劇+悪魔な話。

漫画「コドクノマレビト」は、ファミ通WEBに乗ってるネット連載なんだけど、どうやら製作が原作サイドに近く、ゲームの公式続編として作るぐらいのテンションで製作しているらしく、WEB連載にしてはクオリティが高い。

大概のゲームコミカライズは、原作は無視で、オリジナル設定と言う作品が多いのだけど、本作に関しては、世界観、キャラクターや悪魔造詣、ストーリーにしても、ゲームの雰囲気に準じており、更にはコミック仕様で美化120%位のアレンジが加えられている充実振り。話もテンポ良く、読んでいて非常に爽快でカッコイイ。残酷描写も結構際どい所まで書いているので、さすがはWEB版という所か…。(血が苦手な人は注意かも)

ゲームのコミカライズってドラクエ「ロトの紋章」位しか好きなの無かったけど、これは久々に読み続けたい。まだ連載は完結していないので、続きが気になるタイプの人は連載終了してからまとめ買いが良いかもね。

【送料無料】デビルサマナー葛葉ライドウ対コドクノマレビト(第1巻)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桂大全(書籍)

でかい。重い。高い。あと売切御免。

言わずとも著名な桂正和の30年記念画集。アマゾンはプレ値になってるし、売っているところを探すの大変だったよ。んー、こういう美術印刷?って初版の数少ないのかな。まぁ、この値段を出して欲しいという層は結構限られるか・・・。

内容についてはもう絶賛、大興奮、文句無しの内容。印刷クオリティも高いし、ボリュームもあって実に濃い。ヒーローはかっこいいし、女の子はかわいいし。勿論、お尻に関しては世界一、相変わらずゴッド。色々な所が熱くなること必須。世代的にもリアルタイムに連載を読んでたので、思い出補正もあるし大満足。

個人的にはタイツ系ヒーローより、ZETMANみたいな有機物ヒーローが好きなんだけど、大全を読む限り、桂先生は根本から完全にヒーローマニアなのね。最近のタイガー&バニーってアニメも、元来のヒーロー趣味全開ってことか・・・、クオリティに納得。

キリが無いので、最後に1つ。最近よく言われる太ももに目線を誘導する「絶対領域」って手法。オーバーニーで脚を隠すのが一般的なんだろうけど『ミニスカートと漫画の枠線を使って表現』してたんですよ、この人。実に天才的な変態ですね、最高です!

【送料無料】桂大全

| | コメント (0) | トラックバック (0)